スピンの種類

  • 最終更新日:
  • カテゴリ:

 スピンはジャンプより点数が低いものの、技を披露している時間が長いため、スピンの出来は観客に強い印象を与えます。

 スピンは練習しただけ上手になると言われます。回転が速くブレのない綺麗なスピンを回る選手は、途方もない時間をスピンの練習に費やしているものです。

 スピンの基本姿勢は3種類ですが、他に派生形がいくつもあります。かつスピン・コンビネーションでは複数種類のスピンを組み合わせるために、スピンのパターンは非常に多くなります。姿勢の変化が主体で変化が目に見えやすいので、ジャンプより見分けやすいと思います。

 このページでは基本姿勢、およびその派生形の中から代表的なスピンを紹介します。

アップライト・スピン

立った姿勢で回転する、最もシンプルなスピンです。3種類の基本姿勢の1つです。この姿勢で回転軸と反対の足を巻きつけると遠心力が小さくなり、回転が速くなります。これをクロスフット・スピンと呼んでいます。

シット・スピン

「シット」という名前の通り、座った姿勢で回転するスピンです。3種類の基本姿勢の1つです。完全に座り込むと体への負担が大きく、また回転速度も遅くなりやすいので、やや中腰気味の姿勢を取ることが多いです。

キャメル・スピン

上半身と片足を水平方向に揃え、体をTの時にして回転するスピンです。3種類の基本姿勢の1つです。遠心力が大きくなるため、回転速度はやや遅くなります。上半身を横に向け、上げている方の足先を伸ばすことでより美しく見せています。

ドーナツ・スピン

キャメル・スピンの変形で、上げているほうの足を手でつかみ、手と足でループを作るようにして回転するスピンです。

レイバック・スピン

上半身を上に反らし、フリーの足も後ろに反らしながら回転するスピンです。主に女性が行うスピンですが、まれに男性でも見かけることがあります。派生系として、上半身を横に倒すサイド・ウェイズ・リーニング・スピンもあります。

ビールマン・スピン

レイバック・スピンで反らした足を背中のほうから手で持ち上げたまま回転するスピンです。体の柔軟性が高い選手がよく行います。主に女性が行いますが、まれに男性でも行う場合があります。

 <次に進む>: フライング・スピン