トゥループ・ジャンプ

【トゥループ・ジャンプの得点表】

回転数 略称 基準 回転不足
1回転 1T 0.4 0.3
2回転 2T 1.3 0.9
3回転 3T 4.3 3.0
4回転 4T 10.3 8.0

 トゥループ・ジャンプは名前の通り、ループ・ジャンプにトゥを付くようにしたジャンプです。難易度としてはサルコウとほぼ同等で、6種類の中では最も簡単な部類に入ります。

 このトゥループは、ちょっと見ただけだとルッツやフリップと非常によく似てみえます。慣れてしまえば見分けることが出来るようになるのですが、最初はどこがどう異なるのか、かなり分かりづらいと思います。ルッツは助走が長く見分けやすいので、ここではフリップとの違いを重点的に見ることにします。

 左足の前向きアウト・エッジで助走してきた後、後ろ向きに方向転換し、左足後ろ向きのイン・エッジ滑走になります。このとき、右足は左足より下がった位置に置き、左足でトゥを付くような姿勢を取ります。

 トゥループの場合はここでさらに、左足と右足を入れ替えます。左足を後ろに下げ、左足のトゥを付いてジャンプを行うことになります。

 フリップでは右足のままトゥを付きジャンプを行うのですが、フリップよりも1動作増えるわけです。

 フリップと同様に、トゥループにも2種類の跳び方があります。

 右足の前向きイン・エッジで滑走してきて、途中で後ろ向きにターンします。フリップではターンをするのと同時に滑走する足も変えていましたが、トゥループではターンのみ行います。この後、後ろにある左足のトゥを付いて、ジャンプを行います。

 踏み切りの直前、フリップは回転方向とは反対を向いているのに対し、トゥループはどちらかといえば回転方向を向いています。同じ回転数ならばトゥループの方が実質的な回転数が少ないので、トゥループのほうがフリップより難易度が低くなります。

 男子では、初めて4回転を成功させたジャンプが、このトゥループです。世界トップクラスでは、このジャンプを跳ぶことのできる選手が多くなってきています。

 <次へ進む>: ジャンプ・コンビネーション