ジャンプ・コンビネーション

 ジャンプ・コンビネーションとは、2つまたは3つ連続でジャンプを跳ぶことを指します。連続して跳ぶ際、以下の条件も必要になります。

・着氷した足を、他の足に入れ替えてはいけない
・着氷した時のエッジを、変更してはいけない
・着氷した時の前後の向きを、変更してはいけない(ターンしてはいけない)
・できるだけ間を置かずに、次のジャンプに移ること

 6種類のジャンプは、すべて後ろ向きアウト・エッジにて着氷します。後ろ向きアウト・エッジで踏み切れるジャンプでないと、2つ目あるいは3つ目のジャンプに組み込むことができません。

 後ろ向きアウト・エッジで踏み切るジャンプには、トゥループとループがあります。この2種類が、ジャンプ・コンビネーションの2つ目あるいは3つ目になりえるジャンプです。

ルッツ・ルッツ?

 後ろ向きアウト・エッジで踏み切るジャンプには、他にルッツもあります。ルッツがなぜジャンプ・コンビネーションの2つ目以降に用いられないかというと、最初のジャンプと次のジャンプとで、回転の向きを逆にしないといけないからです。

 ほとんどすべての選手は、ジャンプは反時計回りか時計回りのどちらかに決めて練習しています。演技ではごく一部の選手が両回転のスピンを試行する程度で、両回転のジャンプの練習をするのは、非常に非効率なためです。

ハーフ・ループを利用した3連続コンビネーション

 6種類のジャンプは、すべて後ろ向きアウト・エッジにて着氷と書きましたが、例外があります。ハーフ・ループというジャンプです。

 ハーフ・ループは踏み切りはループと同一ですが、着氷は左足で行います。採点ではループと同等とみなされます。

 ハーフ・ループは左足の後ろ向きイン・エッジで着氷するため、次のジャンプにサルコウまたはフリップを用いることが可能になります。このため、真ん中にハーフ・ループを入れた3連続ジャンプが、今ではよく用いられるようになっています。

 以前この方法はジャンプ・シークェンスとして、コンビネーションとは区別されていましたが、採点方法が変わり、ジャンプ・コンビネーションとして評価されるようになりました。

点数計算と試行回数

 ジャンプ・コンビネーションにおける点数計算は、単純にすべてのジャンプの基礎点を合計したものです。トリプル・ルッツ-ダブル・トゥループですと、6.0+1.3=7.3になります。コンビネーションだからといって、特に加算処置が取られるものでもないようです。

 ジャンプ・コンビネーションは1つのプログラム中で試行できる回数が決められています。ショート・プログラムでは1回のみで、かつ2連続のみです。フリー・プログラムでは3回までで、うち1回は3連続を入れることができます。

 <次へ進む>: ジャンプの難易度