アクセル・ジャンプ

【アクセル・ジャンプの得点表】

回転数 略称 基準 回転不足
1回転 1A 1.1 0.8
2回転 2A 3.3 2.3
3回転 3A 8.5 5.9
4回転 4A 15.0 10.5

 アクセル・ジャンプはフィギュアスケートを知らない人でも一度は聞いたことがあるんじゃないでしょうか。伊藤みどりさんや浅田真央さんのトリプル・アクセルは有名ですね。

 アクセルというのは人の名前で、最初に跳んだ人「アクセル・パウルゼン」にちなんで名付けられています。

 このページで紹介している6種類のジャンプのうち、アクセルは一番最後に考案されたものです。最後に考案されただけあって、6種類の中では難易度がもっとも高いジャンプです。

 他の5種類のジャンプは、すべて踏み切りの瞬間は後ろを向いていますが、このジャンプだけは前向きに踏み切ります。ジャンプの着氷は全て後ろ向きなので、他のジャンプよりも0.5回転多く回ることになります。

 シングル・アクセルは1.5回転、トリプル・アクセルは3.5回転ということになります。他のジャンプよりも0.5回転多いので、難易度がもっとも高いということになります。

 たかが0.5回転と思うかもしれませんが、ジャンプの滞空時間は1秒以下であり、その中で0.5回転を増やすのは大変なことなのです。

 前向きに踏み切るのはこのジャンプだけなので、種類を見分けるのは簡単だと思います。どちらかといえば回転数を見分ける方が難しいかもしれません。

 プログラムではダブル・アクセル(2.5回転)とトリプル・アクセル(3.5回転)を跳ぶことが多いので、これらの見分け方を紹介します。

 トリプル・アクセルは、特に女子にとっては大技です。自分にとって難易度が高いジャンプを跳ぶときには、非常に慎重になります。その表れとして助走距離が長くなります。だから跳ぶ前の助走が長いな、と感じたときにはその選手にとって、大技の可能性が高いということになります。

 女子でトリプル・アクセルを成功させることのできる現役の選手は、ほんのごくわずかしかいません。トリプル・アクセルを成功させることのできる選手が、慎重に前向きで助走し跳んだジャンプは、トリプル・アクセルの可能性が高いと言えるでしょう。

 男子はTVに出るくらいのレベルになると、ほとんどの選手がトリプル・アクセルもできるようになってきています。しかし演技の最後のほうになってくると、体力の消耗により、ダブル・アクセルも入れてきます。

 また、フリー・プログラム中にトリプル・アクセルは2回までしかできないので、3回目以降は必然的にダブル・アクセルとなります。

 アクセルはショート・プログラムの必須要素なので、ショート・プログラム内ではダブル・アクセルまたはトリプル・アクセルを、必ず1回跳ぶことになっています。

 <次に進む>: ルッツ・ジャンプ