ジャンプ概要

  • 最終更新日:
  • カテゴリ:

 フィギュアスケートの採点では、ジャンプは6種類に分類されます。

 実際には6種類を超える種類のジャンプがありますが、ジャンプとしては無効だったり、ほかのジャンプと同一として扱われるため、6種類のみが採点の対象となっています。

すべてのジャンプの着氷は、後ろ向き

 フィギュアスケートのジャンプは、着氷時は必ずつま先(トゥ)から降りてきます。トゥから降りて前向きに進むと、つんのめって転んでしまうため、着氷後は必ず後ろ向きに滑走する必要があります。

 着氷後に後ろ向きに滑走するということは、ちょうど3回転のジャンプを跳ぼうとすると、後ろ向きに踏み切る必要がある、ということです。もし2.5回転や3.5回転であれば、前向きに踏み切って後ろ向きに着氷、ということになります。


トゥジャンプとエッジジャンプ

 ジャンプを踏み切るときに、つま先(トゥ)を利用するジャンプをトゥ・ジャンプ、つま先を利用しないジャンプをエッジ・ジャンプと呼び、区別しています。

 トゥ・ジャンプは3種類、エッジ・ジャンプも3種類あります。

トゥ・ジャンプ エッジ・ジャンプ
フリップ サルコウ
トゥループ ループ
ルッツ アクセル

 トゥ・ジャンプは、ジャンプを跳ぶ直前に、トゥで氷面を刺すような動作をしています。これがあるかないかで、トゥ・ジャンプかエッジ・ジャンプを見分けることができます。

なお「トゥ・ジャンプ」と呼んでいますが、これはトゥで踏み切るジャンプではなく、実は反対足のエッジを使って踏み切るジャンプです。ですので、つま先(トゥ)「も」利用したジャンプということになります。


ジャンプ助走時のエッジ

 スキーの板と同じように、フィギュアスケートの靴にもエッジがあります。常に、アウトサイド・エッジ(以下アウト・エッジ)とインサイド・エッジ(以下イン・エッジ)のどちらかに乗って滑走をしています。

 フィギュアスケートの場合、ジャンプを跳んでいる空中での状態、スピンで回転している状態、ステップの1つ1つの動作をしている最中においても、すべてアウト/インのエッジを区別しています。

 ジャンプを踏み切る直前、1秒にも満たない時間ですが、滑走している足のエッジにてジャンプの種類を見分けることができます。

アウト・エッジ イン・エッジ
ルッツ フリップ
ループ サルコウ
アクセル
トゥループ  

反時計回りか、時計回りか

 フィギュアスケートでは、反時計回りで滑走する選手と、時計回りで滑走する選手がいます。利き足によって回り方を変えており、大多数の選手は、反時計回りで滑走をします。

 時計回りの有名な選手の中では、アメリカのアシュリー・ワグナー選手、ケイトリン・オズモンド選手などがいます。

 時計周りに回転する場合、左右すべての動作がすべて逆になります。アシュリー・ワグナー選手のルッツは右足の後ろ向きアウト・エッジで滑走してきて、時計周りに回転し、左足後ろ向きアウト・エッジで着氷します。

 回転方向が逆なのと、左右が逆になる以外 はすべて同じなので、慣れれば判別が容易になってくると思います。

 ジャンプが反時計周りならば、スピンも反時計周りになっています。あらかじめどの選手が時計周り回転なのかを知っておけば、判別するのがわりと簡単になると思います。知らない選手ならば、スピンの時の回転方向を覚えておけば、ジャンプの回転方向を見分けることが出来ます。

 技の説明をするときにはすべて左右が逆となり、説明が複雑になってしまうため、このサイトでは、大多数の反時計回りの選手に合わせて説明をします。

 <次に進む>: アクセル・ジャンプ